忍者ブログ

電子付加治療薬のメトセラATP ES-27

電子付加治療薬で有名なメトセラATP ES-27口コミと効果はどうなの?

   

ステロイドを長年使っている人はいきなりステロイドを止めないで

ステロイド剤は非常に問題のあるお薬です。
メリットとデメリットが多くありますので、デメリットを解ったうえで使うべきなんです。
医者はそのような事を説明する事もなく、お薬だしておきます。と言ってただそれだけ
なんです。


そしてステロイド剤による皮膚異常が起こると聞かなかったみたいですね。
では新しいお薬を出しておきましょう。
1週間程度様子を見てくださいね。
(この時にはかなり強いステロイド剤を処方されている可能性があるので気を付けてください)
1週間後に病院へ行くと、治ってますね~~
新しいお薬の効果が出てきたみたいですね。これからも続けてください完治するまで!
と言う流れになっている方は多いと思います。


これがいけないんですよね。。。
強いアトピーに依存してしまうとなかなか抜けれません。
1年とか使ってしまうと、2年くらい脱ステロイドで苦しむ恐れがあるのでこのタイプの
方は気を付けてほしいです。
あとステロイドの使い過ぎは感染症にかかりやすくなりますので、感染症にはかなり
気を付けてください!


【会員無料!あとぴナビ参照】
私たちの皮膚や汗の中には、抗菌ペプチドと呼ばれるアミノ酸の結合体があります。皮膚にはデフェンシンやカセリシジン、汗の中にはダームシジンという抗菌ペプチドが含まれています。 
抗菌ペプチドには細菌やウイルスの侵入を防ぐ生体防御の働きがあります。したがって、抗菌ペプチドが多いほど皮膚のバリア機能は高まるといえるでしょう。 
慢性的なアトピー性皮膚炎の皮膚は、表皮のセラミド量が少なかったり、頻繁に掻き壊すことなどで、バリア機能が低下して感染症などにかかりやすい状態です。しかし、そのような状態の皮膚ほど抗菌ペプチドは増えやすい傾向があり、健康が損なわれた皮膚のバリア機能を補完する役割を果たしていると考えられます。


上記の事も問題視されています。
ステロイドを使っても問題ない方もたくさんいますが、依存してしまうと
中々抜けることはできませんのでしっかりと考えてください。




PR
Copyright ©  -- 電子付加治療薬のメトセラATP ES-27 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]