忍者ブログ

電子付加治療薬のメトセラATP ES-27

電子付加治療薬で有名なメトセラATP ES-27口コミと効果はどうなの?

   

メトセラES-27クリームを使った感想とレビュー

メトセラES-27クリームを使った感想とレビューが公式サイトに
掲載されています。


読んでいると、似たような症状の方がいますので参考になります。


お孫さんに買われた方や、子供に使われている方も多くあり
子供から大人(ご年配)の方まで幅広く使われています。
中にはステロイドと併用して、3か月間頑張られた方もきれいな肌に
なったとあります。


公式サイトにも書かれていますが、3か月間の集中コースが人気なので
これを使われた方が多いようですね。
アトピーになり1週間で改善したので、定期注文を停止された方もいます。
この方はラッキーだと思います。
私は2週間~3週間はかかりましたから凄く早いです。
私も早かったほうですが、1週間は素晴らしいです。


書かれているのは3か月程度使われた方の感想やレビューが多いですね。
日付も書かれているので参考になると思います。
ひょっとすると私の感想もあるかもしれませんね。emoji


プルミーミルキーローションなども保湿剤で人気ですが、軽傷のアトピーなら
こちらをお勧めします。
私も現在はプルミーを使う事が多いです。



PR

アレルギーから発症するアトピーが増えています。

花粉やPM2.5など物質が空気中に多く含まれている時期です。
この作用により、今までアトピーとは無縁だった方にも影響が出ており
テレビでも連日ニュースになっています。


相互作用により粒子が細かくなり肺にまで達する事が原因となっています。
恐ろしい事ですが、それにより喘息も増えています。
特に喘息を持っている方には命に係わる事なので気を付けなければいけません。
近所にも喘息持ちの若い女性がいますが、家から出る事があまりありません。
移動中もすべてマスクをされており、心配になります。


子供への影響が一番懸念されるので、近所の幼稚園では外での遊戯が取り止め
になる事態です。九州に住んでいますが県の警報もでているようです。
毎年酷くなっており、中国の汚染には悩まされます。
汚染と言えば、お花見に来られる中国の方が大問題のようです。
マナーが酷いそうです。。。。

アトピー性皮膚炎のメカニズムを理解しよう だからバリア機能なんです。

アトピー性皮膚炎のメカニズムを理解すれば、バリア機能の重要性
や保湿の意味が分かってくると思います。
初めてアトピーになると少し戸惑いますので、気になる方はメカニズムだけ
でも知っておくとよいです。


 ←クリックが図が拡大します


左が健康は肌で、右がアトピーの肌です。
バリア機能が働かないという事は抗菌や微生物の刺激から守る事が
出来ずにかゆみの知覚神経に刺激を与える事なんです。


まずそこから始まるので、このバリア機能をとにかく高めない事には
すべてにおいて悪循環です。
だから保湿などで水分が肌から抜けるのを抑えたりする訳です。
この図が一番解りやすいですね。


表皮の層が崩れていくことも確認して下さい。
どんどん悪化する方向に向かうので、冬場の保湿は念入りにすることがポイントです。





Copyright ©  -- 電子付加治療薬のメトセラATP ES-27 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]