忍者ブログ

電子付加治療薬のメトセラATP ES-27

電子付加治療薬で有名なメトセラATP ES-27口コミと効果はどうなの?

   

アトピーとの戦いはいつまで続くのか?

アトピーは年に数回なりそうになります。
今ではf病院へ行くこともありませんが、歳をとってきたら
再発の可能性などはどうなるのか心配です。


体質変化などと言われているので問題も無いのかもしれませんが、
気になりますよね。
歳をとってステロイド使用とか考えられません、免疫が低くなって
風邪とかにもかかりやすいですよね。


何となく最近気にしている事です。
どうなるんでしょうか?



PR

梅雨の雑菌繁殖には気を付けましょう。 気が付くとアトピーが広がっている。

梅雨時期のアトピーは皮膚表面の雑菌が増える傾向に
ありアトピーが拡大している事があります。
どんどん広がるアトピー肌は食い止めないと後が大変なので
早期に取り組む事をお勧めします。


梅雨時期のアトピーではダニなどの増殖が原因でアレルギーを
起こしてしまうのでお子さんには気を付けないといけないと言われます。
布団クリーナーや除菌機能を持った掃除機などがこの時期に売れる訳です。


いま時期はレイコップなどがかなり売れているそうです、我が家にもあり
使ってみるとその効果を体感できます。
正直、欲しいなら早めに買われる事をお勧めします。


話がそれましたが、梅雨時期のアトピーは汗をかいた後に
皮膚部分で雑菌が湧いてしまい、かゆくなります。
そこで知らず知らず掻いてしまうと、拡大する方向に向かいます。
常に清潔に保たなければいけないので子供には大敵なのです。
水で洗い流す方法が一番で、タオルでふくだけではあまり良いとはいえません。


アトピーは原因が特定できませんので、出来てしまったら対処療法で
直すしかありません。この時期は特に雑菌が湧くので気を付けましょう。






アトピーは雑菌が湧いているのか?皮膚の炎症か?

アトピー性皮膚炎の原因が雑菌であることは昔から知られています。
皮膚のバリア機能が低下して、水分の蒸発などと関係があり
雑菌に皮膚が侵されていくわけですが、よく考えるとアトピーは
現代病なのです。


昔からあった病気ですが、現在のように誰もかれもアトピーになって
いた訳ではありません。という事は「人」が変化したものだと
考えてよいかもしれません。
原因の金は黄色ブドウ球菌という誰にでもある菌です。


また医師のレポートをみて??
と思ったのは、生活環境の変化によるものではありますが、
雑菌を多く人が取り込む生活になっているので、体内に(腸など)に
菌が寄生するというもの。なんか恐ろしいです。


まとめると、体内に昔より菌多く取り込んでいるのでその菌が反応して
免疫が落ちた時にアトピー性皮膚炎を発症するという事です。
自己免疫が昔の人に比べ低いという事になると思います。
食べ物の影響もありますが、エアコンなどで菌を多く現代の人は取り込んで
いるからだとも言われています。


確かに、弱くなっている気がします。
免疫が高まる年齢なら良いのですが、赤ちゃんにも少なからず影響があるでしょう。
ご参考になればと思います。
プルミーミルキーローションなら皮膚のバリア機能も向上させますので余裕があれば
お勧めします。






Copyright ©  -- 電子付加治療薬のメトセラATP ES-27 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]